ビーエム乗りになりませんか Let's be a Bimmer!

私は今年15年目に入ったBMWのマニュアル車に乗っています。乗り始めてからずっと良き相棒で、いまも手放すつもりはありません。ブログでは9年前に購入してからの維持費を紹介していきたいと思っています。今後とも宜しくお願いします。

S/N:036 上部モールだけの交換がフロントガラスにまで・・・

さかのぼって2014年12月23日の出来事
フロントガラスの上部モールがポロッ、ポロッと“もげて”きて・・・
しばらく前から気になっていたフロントガラスの上部モールのひび割れですが、2014年の10月末に洗車してタオルで水気を拭き取っていたら一部がポロッ、ポロッと“もげて”きました。

やっちゃった・・・と思いながら、これ以上被害が広がらないようにビニールテープで応急処置をしました。
つぎの画像はその時に撮影してデータ保存していたものです。

f:id:n46b20b:20201229212651j:plain
左上に見られるのはカーボン調ブラックのラッピングフィルムを貼ったルーフ(S/N:014でご紹介済み)ですが、3年ほど経っているので光沢も無くなり色褪せてきています。
右下はフロントガラスですが、トップシェード(ぼかし)に青空が写っているので余計に濃く見えています。
上部モールの交換を安上がりで済まそうとしたら・・
さっそくネットで情報を検索したところ、朽ちた上部モールだけをDIYで新品に交換したというBMWユーザーの書き込みをいくつか見つけました。
そこでオイル交換(S/N:035で紹介済み)で11月に中古ビーエム君を持ち込んだ際に、いつもの中古車店に作業を打診してみました。
「きれいに仕上げるなら、フロントガラスの脱着を含めて専門業者にやらせるので34,000円、うちの手作業で良ければ12,000円でやってあげるよ」と言われました。
9年落ち、走行8万キロの車なりの仕上がりで十分という意識もあったので、「安いほうでぜひ」とお願いしました。
フロントガラスも新品に・・・
12月中旬に中古ビーエム君を持ち込んだのですが、翌日の夜に中古車店から電話が入りました。
「朽ちた上部モールを剥がしているときに無理をしたようで、フロントガラスに“ひび”を入れてしまいました。
フロントガラスをそっくり交換したいので、来店して確認してくれませんか」との連絡でした。
慣れない作業中のハプニングで、中古車店のスタッフも困った様子でした。
中古ビーエム君を購入してからいつも親切に対応してくれていたので、スタッフには「新しいフロントガラスはETCやカーナビ、携帯電話などの使用に支障がなく、見た目が一緒ならBMWマークの入った純正ではなくOEM品でも良いですよ」と伝えました。
1週間後に上部モールもフロントガラスも揃ってきれいになって帰ってきましたが、請求されたのは最初の見積もりどおりの12,000円でした。
購入後の費用、経過年月、走行距離表示値
・今回の12,000円(税込)を含めたこれまでの修理代、車検費用、オイルやタイヤなどの消耗品代の累計:601,576円(税込)
・前回までのアクセサリー代の累計:159,234円(税込)
・今回分も含めた両費用の累計:760,810円(税込)
・2011年5月に中古購入してからの経過年月:3年と7ヶ月
・2005年式中古ビーエム君の走行距離計表示値:79,552km
・中古購入後の走行距離:42,952km
テールランプ不具合のチェックも・・・
ボディとトランクで2分割されているテールランプの左側のトランク部のバルブが点灯したり、点灯しなかったりしていたので、上部モール交換に合わせてそちらの点検も同時にお願いしていました。
ライトバルブ自体は正常で、原因は今回もS/N:029でも紹介していた不具合と同じ“接触不良”だったようでした。
点検料は請求されませんでした。
ありがとうございました。
フロントガラスの後日談
フロントガラスには後日談があります。
じつは2018年頃のこと、アルバイトで中古ビーエム君に講演会用の電子機器を積み込んで移動していたので、後席に温度計を吊っていました。
ですから炎天下の青空駐車では車内は70℃近くまで上昇することを知っていました。
今年2020年の夏、今更でしたが熱線と紫外線を遮断できるフィルムでも貼ろうかな・・・と思うようになり、調べていく過程で今付いているフロントガラスが純正ではないことを思い出したのです。
中古ビーエム君はE90ですからフロントガラスは遮熱もUVカットも無縁だと思って検討を始めたのですが、結果的にはまったくの徒労に終わってしまいました。
つぎの画像は今ついているフロントガラスの印字部分です。

f:id:n46b20b:20210110190730j:plain
じっくり見てわかったのですが、2014年の12月のハプニングの際に交換してくれたフロントガラスは中国のFUYAO社のソーラーティントガラスでした。
JISマークはありませんでしたが、AS1マーク(米国規格・分類ガラス)やE1マーク(欧州規格・承認国ドイツ)が印字されていました。
調べてみたら、IR(赤外線)とUV(紫外線)がカットできるので、太陽光による暑さを感じさせる赤外線と日焼けやシミの原因である紫外線を大幅に抑える効果があるようでした。
しかしこのところの日本の暑さにはまったく歯が立ちませんね、純正ガラスならもっと暑いのかもしれませんが・・・
BMW純正のフロントガラスには・・・
純正のフロントガラスにはBMWのシンボルマークと、英国のガラスメーカーのピルキントン社の指定文字が印字されているようです。
つぎの画像はその一例です。

f:id:n46b20b:20201229212920j:plain
2005年式中古ビーエム君の購入後9年間のまとめ
2020年8月26日の時点での2005年式中古ビーエム君に費やした費用と経過年数、走行距離について
・車種&グレード:E90・320i・Mスポーツ・6MT・アルピンホワイトⅢ
・修理代、車検費用、オイルやタイヤなどの消耗品代の累計:1,760,762円(税込)
・アクセサリー費用の累計:318,476円(税込)
・両費用の累計合計:2,079,238円(税込)
・2011年5月の中古購入後の経過年月:9年と3ヶ月
・走行距離計表示値:131,371km
・中古購入後の走行距離:94,771km
次回テーマは正規代理店でウインター・チェック
今回も長文になってしまいましたが、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
次回はBMW正規代理店でのウインター・チェックについてご紹介します。
楽しみにお待ちください。