ビーエム乗りになりませんか Let's be a Bimmer!

私は今年15年目に入ったBMWのマニュアル車に乗っています。乗り始めてからずっと良き相棒で、いまも手放すつもりはありません。ブログでは9年前に購入してからの維持費を紹介していきたいと思っています。今後とも宜しくお願いします。

S/N:060 ウインター・チェック、エンジンオイルとフィルター交換、エアバッグ交換

さかのぼって2018年1月14日の出来事

BMW正規代理店からウインター・チェックの案内

この年も、前年の暮れに正規代理店からウインター・チェックの案内が届きました。

以前にメールアドレスを登録していたので、今回はゆうメールではなくタブレットへのeメールでした。

つぎの画像は当時のウインター・チェックの案内メールをプリントアウトしたものです。

f:id:n46b20b:20210620183345j:plain

ウインター・チェックに合わせて

S/N:054でもご紹介しましたが、私の手作りの「部品・消耗品交換サイクル表」ではエンジンオイルとオイルフィルターの交換は“7,500kmごと”と記載しています。

前回の交換からの走行距離が6,000kmに近づいており、今回はキャンペーン価格でオイル交換は部品類・工賃総額の50%OFFとなっていたので、同時にやってもらうことにしました。

またアクセサリーは20%OFFとなっていたので、消耗品も買い込んでおくことにしました。

さらにS/N:050でご紹介した前年のウインター・チェック時に先送りとなった運転席エアバッグの交換も合わせてお願いしました。

いずれもウインター・チェックの案内メールの返信メールで依頼しました。

まずエンジンオイルとオイルフィルターの交換

結果的にエンジンオイルとオイルフィルターの交換は、前回から5,937kmでの交換となりました。

つぎの画像は当時の『BMW法定定期点検・日常点検ガイド』のなかの純正オイルの紹介箇所です。

f:id:n46b20b:20210620183530j:plain

純正エンジンオイルの製造元は、シェルですね。

私は乗るたびにレッドゾーンの入口6,500rpmまで回すのを楽しみにしています、もちろん一般道路では1速ですよ・・・

そのこともあるし、精神衛生上の観点からも定期的なオイル交換は欠かせません。

ちなみにビーエム君の前のオモチャだったオートバイ・ヤマハFZR400のレッドゾーンは14,000rpmでした。(S/N:003でご紹介済み)

“エンジンは回してなんぼ”と思ってきたので、ついそのクセが・・・

なな、なんと1ヶ月後に再入庫と・・・

2年前の2016年1月のウインター・チェック(S/N:044ご紹介済み)でも指摘されていた「オイルフィルターハウジングベースのオイル滲み」ですが、そのときも、そして1年前の2017年の1月のチェック(S/N:050でご紹介済み)でも、「様子見中だから無視して良い」旨をスタッフからメカニックに伝えてもらっていました。

今回のチェックでも、事前に「様子見中だから無視して良い」ということを、同じようにスタッフからメカニックに伝えてもらっていました。
ところが!
このあと1ヶ月も経たずに年貢の納め時が・・・

1年越しの運転席エアバッグのリコール交換

運転席エアバッグのリコール交換ですが、じつは前年2017年の1月のウインター・チェック(S/N:050でご紹介済み)の時に正常品がディーラーに届いていなくて、先送りしていたものです。

1年遅れになりましたが、今回交換できて一安心でした。

費用は21,583円(税込)でした

費用はウインター・チェックが6,480円(税込)、エンジンオイルLL01・5W-30が4.3ℓで5,525円(税込11,051円の50%OFF)、オイルフィルターが1,426円(税込2,851円の50%OFF)、交換工賃が1,620円(税込3,240円の50%OFF)、フューエルクリーナー100mℓ×2本で3,283円(税込4,104円の20%OFF)、ホイールクリーナー×1本で3,249円(税込4,061円の20%OFF)で、合計21,583円(税込)でした。

つぎの画像は納品請求書のなかの明細部分です。

f:id:n46b20b:20210620183709j:plain

私の中古ビーエム君は前期モデルなので、エンジンはガソリン直噴でもなければディーゼルでもないのですが、こちらも精神衛生上の観点からフューエルクリーナーは1年に1回は使っています。

ビーエム君のホーン

ビーエム君のステアリングのホーン(ボタン)が固いのは定評らしく、たしかに“ありがとう”や“ごめんね”と短く鳴らしたくても、とっさの場合はまったく使いものになりませんでした。

私の経験上、ストロークがほとんど無いのが原因かな・・・と思っていました。

そこで今回運転席エアバッグを交換するのに合わせて、ホーン(ボタン)のストロークを拡げて欲しい・・・とディーラーのスタッフさんにお願いしていました。
結果は・・・
無理だったようです!残念・・・

このほどあらためて調べてみました。
「欧州では“ホーンは緊急事態以外は鳴らすな!”が徹底されているので、ちょっと触れただけで鳴るのを防ぐためにあえて固くしているのでは・・・」という見方をしている人がいました
情報まで

購入後の費用、経過年月、走行距離表示値
・今回の21,583円(税込)を含めたこれまでの修理代、車検費用、オイルやタイヤなどの消耗品代の累計:1,391,718円(税込)

・今回までのアクセサリー代の累計:213,296円(税込)

・今回分も含めたこれまでの両費用の累計:1,605,014円(税込)

・2011年5月に中古購入してからの経過年月:7年と8ヶ月

・2005年式中古ビーエム君の走行距離計表示値:109,737km

・中古購入後の走行距離:73,137km

2005年式中古ビーエム君の購入後10年間のまとめ

2021年5月25日の時点での2005年式中古ビーエム君に費やした費用と経過年数、走行距離について

・車種&グレード:E90・320i・Mスポーツ・6MT・アルピンホワイトⅢ

・修理代、車検費用、オイルやタイヤなどの消耗品代の累計:2,148,112円(税込)

・アクセサリー費用の累計:351,795円(税込)

・両費用の累計合計:2,499,907円(税込)

・2011年5月の中古購入後の経過年月:まる10年

・走行距離計表示値:135,646km

・中古購入後の走行距離:99,046km

次回テーマはクリーンボックスとキーエンブレムの購入です

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
次回はクリーンボックスと、キーエンブレムの購入についてご紹介します。
楽しみにお待ちください。