ビーエム乗りになりませんか Let's be a Bimmer!

私は今年15年目に入ったBMWのマニュアル車に乗っています。乗り始めてからずっと良き相棒で、いまも手放すつもりはありません。ブログでは9年前に購入してからの維持費を紹介していきたいと思っています。今後とも宜しくお願いします。

S/N:042 タペットカバー、バキュームポンプ、オイルパンの各ガスケットの交換他

さかのぼって2015年11月16日の出来事
アンダーカバーにオイル漏れの跡が・・・
1ヶ月前の2015年10月頃のこと、エンジンルームを覗いていてアンダーカバーが黒ずんでいるのに気付きました。
確認したら、冷却水ではなくオイルでした。

思い当たる節はあったのですが、地面に垂れるほどではなかったので、しばらく様子見することにしました。
焦げるにおい、そして遮熱板にはオイル溜まり
11月に入ってすぐのこと、ドライブ中に何か焦げているような臭いに気づきました。
帰宅してからエンジンルームを確認したところ、アンダーカバーのオイル漏れには変化が見られませんでした。
しかしタコ足状の4本のエキゾーストパイプの真上に設けられている遮熱板に溜まったオイル量のほうは段々増えてきているようでした。
じつは遮熱板へのオイル溜まりは中古ビーエム君を購入してしばらくしてから気付き、都度拭き取りながら様子見してきました。
そして1年前の2014年2月にBMW正規代理店で受けたウインター・チェックでわかったのですが、オイル溜まりの原因はタペットカバー(ヘッドカバー)ガスケット(パッキン)からの漏れと、さらにバキュームポンプガスケットからの漏れの計2ヶ所と指摘されていました(S/N:029でご紹介済み)。
ここまで来たら放っておくわけにもいかず、いつもの中古車店に連絡して総点検と該当箇所のガスケット交換をお願いしました。
その際に焦げる臭いや、遮熱板やアンダーカバーへのそれぞれのオイル溜まりを伝えました。
ほかにもオイル漏れで気になるところとしてオイルフィルターハウジングがあったのですが、こちらはしばらく様子見でOKと伝えました。
タペットカバー、バキュームポンプ、オイルパンの各ガスケット交換
つぎの画像は中古車店からの修理後の請求明細です。

f:id:n46b20b:20210204165152j:plain
費用はまずタペットカバー(ヘッドカバー)ガスケット(パッキン)が16,632円(税込)、バキュームポンプのガスケットが2,268円(税込)、フランジガスケットが1,252円(税込)、オイルフィラーガスケットが216円(税込)で、それらの交換工賃として一式で11,664円(税込)でした。
またオイルパンガスケットが5,140円(税込)、ボルトが20本で7,128円(税込)、そしてエンジンオイルが5ℓで13,500円(税込)でした。
それらの交換工賃として一式で16,200円(税込)でした。
よって総額が74,000円(税込)となりました。
なおエンジンオイルは前回交換してから3,329kmしか走行していませんでしたが、全部抜き取ったので仕方なく全交換となりました。
今回の修理直前に
11月7日に中古ビーエム君用にステッカーを購入しましたが、700円(税込)でした。
購入後の費用、経過年月、走行距離表示値
・今回の74,000円(税込)を含めたこれまでの修理代、車検費用、オイルやタイヤなどの消耗品代の累計:822,917円(税込)
・今回の700円(税込)を含めたこれまでのアクセサリー代の累計:160,992円(税込)
・今回分も含めた両費用の累計:983,909円(税込)
・2011年5月に中古購入してからの経過年月:4年と6ヶ月
・2005年式中古ビーエム君の走行距離計表示値:89,745km
・中古購入後の走行距離:53,145km
オイル漏れは2011年に中古ビーエム君を購入してしばらくしてから・・・
つぎの画像は購入して1年経った2012年の4月に撮って保存していたものです。

f:id:n46b20b:20210204165651j:plain
黄色く見えるのが遮熱板に溜まっているオイルで、見つけてからは定期的に拭き取って経過観察をしていました。
正規代理店からもオイル漏れの指摘を受けていましたが・・・
S/N:029でご紹介しましたが、2014年2月に受けた正規代理店でのウインター・チェックではタペットカバー(ヘッドカバー)シーリング(ガスケット)の交換、及びバキュームポンプAssyの交換が必要との指摘があり、修理に総額で約10万円が必要とのことでした。
でも今回の修理ではバキュームポンプ本体は、中古車店が元のものをそのまま使って済ませてくれたので、半額以下で収まったようです。
狭いエンジンルームでの作業ですから・・・
バキュームポンプのガスケット交換は、口で言うほど簡単ではなさそうです。
バキュームポンプはエンジンの後方(室内側)に取り付けられているようで、つぎの画像は別の車両のもので、ガスケットからの漏れの一例です。

f:id:n46b20b:20210204165919j:plain
エンジンを下から撮った画像ですが、画面左側が室内とエンジンルームとの隔壁(バルクヘッド)になります。
バキュームポンプと隔壁とのすき間は非常に狭いうえに、タペットカバーを外しているとはいえ、ガスケットの交換は上からと左右のすき間からの手作業になりそうなので、慣れていないと手こずりそうですね。
アンダーカバーのオイル溜まりは・・・
あとで聞いたら、アンダーカバーのオイル溜まりはオイルパンからのオイル漏れだったようです。
つぎの画像は別の車両のアンダーカバーで、オイルパンから漏れたオイルが溜まっている様子の一例です。

f:id:n46b20b:20210204170118j:plain
画像の右側が進行方向になります。
修理翌日にエンジン警告灯が点灯しましたが・・・
修理翌日の通勤途中にエンジン警告灯が点灯しました。
つぎの画像はそのときに撮って保存していたものです。

f:id:n46b20b:20210204170401j:plain
帰宅途中に中古車店に持ち込んでチェックしてもらったら、O2センサーが働いた形跡がありました。
他に異常が見当たらなかったので、一旦履歴をリセットして様子見としました。
あれから5年経ちますが、いまのところO2センサー関係のトラブルは起こっていません。
この頃は警告灯の点灯のたびに“あたふた”していましたが、中古ビーエム君と10年も付き合ってセンサーの誤反応、誤作動で警告灯が点灯することもあることに気付きました。
そして警告灯が点灯しても、いきなりセンサー自体の交換や該当部品の交換に走らずに一呼吸おく、少し様子見をするという“ふてぶてしさと柔軟性”を持てるようになりました。
2005年式中古ビーエム君の購入後9年間のまとめ
2020年8月26日の時点での2005年式中古ビーエム君に費やした費用と経過年数、走行距離について
・車種&グレード:E90・320i・Mスポーツ・6MT・アルピンホワイトⅢ
・修理代、車検費用、オイルやタイヤなどの消耗品代の累計:1,760,762円(税込)
・アクセサリー費用の累計:318,476円(税込)
・両費用の累計合計:2,079,238円(税込)
・2011年5月の中古購入後の経過年月:9年と3ヶ月
・走行距離計表示値:131,371km
・中古購入後の走行距離:94,771km
次回テーマは右前ウインカーのランプ球交換です
今回も長文になってしまいましたが、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
次回は右前ウインカーのランプ球交換についてご紹介します。
楽しみにお待ちください。