ビーエム乗りになりませんか Let's be a Bimmer!

私は今年15年目に入ったBMWのマニュアル車に乗っています。乗り始めてからずっと良き相棒で、いまも手放すつもりはありません。ブログでは9年前に購入してからの維持費を紹介していきたいと思っています。今後とも宜しくお願いします。

S/N:074 フロント・ウィンドー・サンシェードの購入

さかのぼって2019年6月8日の出来事
炎天下での乗車に耐えかねて
2019年になって始めたアルバイトは17時終業だったので、夏場はまだ暑さが残っているうちに乗り込んで帰宅することが普通でした。

ビーエム君は青空駐車でしたし、さらにフロントウインドウを西向きに駐車せざるを得なかったので、晴天時は夕方の帰宅時でも車内温度が60度ぐらいは残っており、すぐに乗り込むことはまず出来ませんでした。

じつはそれまでのフルタイムのサラリーマン時代は帰宅時刻はいつも暗くなってからでしたので、夏場でも乗りこむ際に暑いと思ったことはありませんでした。

また退職直後の別のアルバイトも出勤が不定だったので、たまたま車内に熱がこもっていても換気の手間は我慢ができるものでした。

しかし今回のアルバイトはフルタイムなので、けっこう苦痛になってきて、ここにきて“サンシェードもやむなし”と思うようになったわけです。

それまでサンシェードへのイメージは「付けたり外したりがめんどくさそうだし、なにより(ドアバイザーと同じく)見た目が貧乏くさいし・・・」という否定的なものしかなかったのですが、やむにやまれず購入することにしました。
見た目重視で・・・
デザインも値段もまちまちだと思ったので、まずは“車用サンシェード”をキーワードにネットで検索してみました。

ファミリーっぽくなくて、カッコいいもの」を念頭に探したのですが・・・結局は自分でも、また傍から見ても無難だと思われるBMW純正”に行きつきました。
支払額は5,980円(税込)
純正のサンシェードでしたが、ディーラーからではなく楽天市場に出店しているBMモーターパーツから購入しました。

理由はよく覚えていませんが、おそらく溜まっていたポイントを使い切りたかったのかもしれません。

明細は商品が6,458円(税込)、送料が780円(税込)、ポイント値引きが1,258円で差し引き5,980円(税込)でした。

つぎの画像はフロント・ウィンドー・サンシェードに付いてきた取扱説明書の表紙です。

f:id:n46b20b:20211105225945j:plain
Sheer Driving Pleasure
つぎの画像は購入直後に撮ったものです。

f:id:n46b20b:20211105230159j:plain
なおワイパーに隠れてよく見えませんが、シルバー地のサンシェードの助手席側の下側には、BMWのロゴに加えてSheer Driving Pleasureというスローガンも印刷されていました。

ちなみにひとつ前のモデルのサンシェードに印刷されていたスローガンは、Freude am Fahrenだったようです。

英語とドイツ語の違いはあっても、どちらも和訳は「駆けぬける歓び」のようですが、私の中古ビーエム君は2005年式ですから、新車時にリアウインドウに貼ってあったステッカーに合わせて、ひとつ前のFreude am Fahrenのほうが似合っていたでしょうね。
駐車監視にも・・・
画像のとおり、当時はドライブレコーダーの前方カメラの温度上昇を防ぎたいと考えて、前方カメラが室内側になるように(車外からは見えない)サンシェードをフロントウインドウにぴったりくっつけていました。

しかし今は前方カメラの温度上昇は受け入れて、むしろ車外から前方カメラが良く見えるようにサンシェードを室内側にセットしています。

理由は駐車中に私のビーエム君にぶつけた人が、“これ見よがしの前方カメラ”を見て「もしかしたら録画されているかも・・・」と勘違いして、“逃げずに申告”してくれるのではないかと思ったからです。

じつは実際のところ、このドライブレコーダーには駐車監視機能があったので、セットさえしておけば現実に当て逃げの証拠を残すことは可能でした。(S/N:069でご紹介済み)

でもセットしていないので、ぶつけた方の勘違いに期待するしかないのですが・・・
収納もかっこよく
つぎの画像は付属の巾着袋にフロント・ウィンドー・サンシェードを収納して紐を締めた状態です。

f:id:n46b20b:20211105230540j:plain
サンシェードにはワイヤーが左右2つの円形になるように縫い込まれており、取り出して使うときはそのスプリング機能(復元力)を解放すればフロントウインドウいっぱいにまで拡がります。

見た目は、ちょうどテンプル(つる)のない“メガネ”のような感じですかね。

使い終えたら左右のワイヤーの両端をつまんでタオルを絞るようにねじれば、もとの小さな円形にまで小さく畳むことができます。

巾着袋への出し入れもすごく簡単で、且つコンパクトに収まるので、使い勝手は最高です。
購入後の費用、経過年月、走行距離表示値
・これまでの修理代、車検費用、オイルやタイヤなどの消耗品代の累計:1,637,446円(税込)
・今回の5,980円(税込)を含めたアクセサリー代の累計:315,450円(税込)
・今回分を含めた両費用の累計:1,952,896円(税込)
・2011年5月に中古購入してからの経過年月:8年と1ヶ月
・2005年式中古ビーエム君の走行距離計表示値:122,000km
・中古購入後の走行距離:85,400km
2005年式中古ビーエム君の購入後10年間のまとめ
2021年8月5日の時点での2005年式中古ビーエム君に費やした費用と経過年数、走行距離について
・車種&グレード:E90・320i・Mスポーツ・6MT・アルピンホワイトⅢ
・修理代、車検費用、オイルやタイヤなどの消耗品代の累計:2,213,741円(税込)
・アクセサリー費用の累計:351,795円(税込)
・両費用の累計合計:2,565,536円(税込)
・2011年5月に中古購入してからの経過年月:10年と3ヶ月
・走行距離計表示値:136,410km
・中古購入後の走行距離:99,810km
次回テーマはBMW正規ディーラーでのサマー・チェックとオイル交換です
長文になってしまいましたが、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

次回はBMW正規ディーラーでのサマー・チェックやエンジンオイル、オイルフィルターの交換などについてご紹介します。

楽しみにお待ちください。